みずほ銀行住宅ローン

みずほ銀行の住宅ローンはあなたに合った返済プランを提供しています!

住宅ローンをどこにしようか迷われている方は、みずほ銀行を検討してみてはいかがでしょうか?みずほ銀行の住宅ローンは比較的低い金利で借りることができ、大手銀行であることからサービスも充実。また、お申し込みからお借り入れまで来店不要です。こちらをご覧いただければ、安心して借りられて、返すことが出来る、みずほ銀行住宅ローンのおすすめポイントがご確認いただけます!

みずほ銀行の住宅ローンのメリット・デメリットとは?

このサイトでは、みずほ銀行の住宅ローンについて、特徴やメリット・デメリットなどをお伝えしたいと思います。

 

まず、みずほ銀行とは、どのような銀行なのでしょうか?

 

3大メガバンクの一つです。
  みずほ銀行は、みずほフィナンシャルグループ傘下の都市銀行で、三菱UFJフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループと並んで、3大メガバンクの一角です。

 

第一勧業銀行,富士銀行,日本勧業銀行の分割・合併により誕生
  みずほ銀行は、2002年に当時みずほフィナンシャルグループ傘下であった第一勧業銀行,富士銀行,日本勧業銀行の分割,合併により誕生しました。行名のみずほとは、「みずみずしい稲の穂」を意味しているとのことです。

 

宝くじの販売業務を行っています。
  みずほ銀行独自の業務として、日本勧業銀行時代から行なっていた宝くじの販売を引き続き行なっています。

 

個人向けローンを多彩に取り扱っています。
  みずほ銀行では、個人用の貸付として、住宅ローン,カードローン,各種無担保ローン,不動産担保型多 目的ローン,アパートローン,リバースモーゲージローン,ホームエクイティローンなどを展開しています。

 

では、みずほ銀行はどのような住宅ローンを提供しているのでしょうか? 

 

みずほ銀行の住宅ローンの主な特徴を簡単に列挙すると、下記の通りです。

1.みずほダイレクトのインターネットバンキングを利用すると、一部繰り上げ返済手数料が無料になります。ご自宅のパソコンやお手持ちのスマートフォンから、いつでも手続きすることができます。

 

2.「全期間重視プラン」,「全期間固定期間」,「フラット35(機構買取型)」と多彩な金利プランがあり、自分にあった金利方式を選ぶことができます。

 

3.借入後、何度でも変動金利型と固定金利選択型の金利タイプを変更方式ができるプランや、金利方法を組み合わせるミックス返済など、ライフプランに応じて選べる返済プランが提供されています。

 

4.団体信用生命保険、みずほローン返済支援保険(8大疾病補償プラス・8大疾病補償、3大疾病補償特約付)、みずほ住宅ローン用火災保険の3種類の保険が用意されていて、“もしも”に備えることができます。

 

5.みずほ銀行で住宅ローンを利用中の人のみを対象にした多目的ローンや、カードローンの金利の引き下げ、子育て支援サービスなど、多くの特典やサービスを受けることができます。

 

6.インターネットや店舗などで住宅ローンの詳しい相談を受けることができます。


みずほ銀行独自の住宅ローンとはどのようなもの?

みずほ銀行が提供している住宅ローンは大きく分けると、『みずほ銀行が独自で提供している住宅ローン』と、住宅金融支援機構と提携して提供している『フラット35』の2種類に大別されます。

夢の私邸を建てるため住宅ローンを申し込んだけど、本審査で落ちたという方が意外にも多いのをご存知ですか。

理由として考えられるのは以下のような方です。

もしも年収200〜300万円の方は難しいかもしれません。

申請者の健康状態はどうか勤続年数に問題はないかも問われます。

公共料金などの支払いを忘れてしまったり、遅れると審査の時点で落とされてしまう可能性が非常に高いです。

これらに思い当たるふしがないという方は、もう一度支払いがしっかり済んでいるか確認してみましょう。

審査基準を事前に把握しておくと安心ですね。

住宅ローンを申し込もうと思ったらまず、どこの金融機関にローン申し込みをするか決めます。

参考:住宅ローン借りやすいところは?審査基準が緩い?【審査申し込み】

銀行でも良いですし、労金・ネットバンクなどみずほ銀行住宅ローンを申し込める金融機関は数多くあります。

金融機関ごとのみずほ銀行住宅ローン審査の違いは特に大きな物はありませんが、ネットバンクは実店舗がないので、すべての取引をネット上で行う事になります。

店舗に行かなくて良い。

という点が非常に好評です。

また店舗がない分、経費削減ができ金利が低いのも特徴です。

ネットバンクは月々の支払いを少額にしたい方や忙しい人達にとても人気があるみずほ銀行住宅ローンです。

みずほ銀行住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。

住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査はとても厳重に行われます。

審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。

結果は電話か口頭で伝えられます。

審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。

審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。

契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印や諸費用なども必要になります。

諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。

たいていの場合、数十万〜数百万単位の金額が指示される様です。

みずほ銀行住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。

フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。

フラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気のみずほ銀行住宅ローンです。

ですが、フラット35の審査は少し違う点もあり住宅の価値を重視して審査を行います。

住宅の価値を審査される。

という点が加わります。

貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。

一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。

将来、住宅ローンの申込みを考えている方は支払い方法としてボーナス払いを選択する前に注意が必要です。

大きなお金が入った時にまとめて返す事が出来れば、月ごとの返済金額が少なくなるという利点もあります。

でも今は、賞与が出ない会社も増えていますし年によって全く出ないなんて事もあるかもしれません。

なので始めからボーナスも返済に入れている人の割合は、意外にも半分以下であるというデータもあります。

色々なケースを考えてまとめて返済する事も可能にしたい方は、便利な繰上げ返済を利用してみると良いですね。

自分の家を購入するとき資金繰りとして利用するのがみずほ銀行住宅ローンです。

銀行や信用金庫もしくはネットバンクでも良いです。

ただし、どこに申し込みをしようとも審査があります。

重要視される点はその人の職業、年収、勤続年数が重要視されます。

さらに、関係なさそうな過去のお金に関するトラブルなども判断されるので仮に思い当たることがあるのならきちんと綺麗に片づけた上で申請されると良いでしょう。

今すぐにでなくても、いつかはみずほ銀行住宅ローンを申し込む方は借入れ以外で必要な経費はいくらなのか把握しておきましょう。

今までの口コミでもおよそ1割程度かかっているようです。

ネットでも評判の金利の安い銀行で申し込んではみたものの、ローンに加えて登録費用や保険料も合わせてみると、さほど、安くなってなかったという事も十分あります。

この為にローン以外の諸費用も細かく調べいくら必要か、合計で計算することで、全体像が見えてきます。

例えばですが、保証料や初期手数料が無料の銀行では意外なところで費用がかかる場合もあります。

住宅を購入する際、必ず保険会社に加入します。

その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。

この保険の詳しい内容は、ローンを組んでいる人にもしもの事があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。

これは残されたご家族にローンの負担を残さない様にする為の特別処置です。

どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどでしょう。

こちらで保証料を負担する必要はないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。

住宅を購入するという事は誰でも憧れる事ですよね。

ですが、住宅購入をする際には必ずみずほ銀行住宅ローン審査が必要です。

現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういう方は数少ないですよね。

ですので、銀行のみずほ銀行住宅ローンを利用される方が一般的です。

みずほ銀行住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。

35年という長い月日の支払いが生じる訳ですから、中には審査に通らない人もいらっしゃいます。

審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。

住宅ローンを通過するには、最低でも300万以上の年収が必要だと言われています。

ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。

まだみずほ銀行住宅ローンが残っているのに離婚するような事になったら、払えていない分のお金を誰が払うことになるのでしょうか。

特に未成年の子供がいる家庭の場合、ローンだけでなく養育費や慰謝料といった別のお金も発生する場合があります。

最初に名義人は誰なのかと細かな契約内容を把握して、夫と妻両方が合意できる契約を結びましょう。

家を売ってお金にするという方法もありますが、ローンの方が販売価格よりも高くなってしまうと、返済を余儀なくされてしまうケースが多いです。

高額な商品ですので、後悔のないようしっかり話し合って下さい。

 

今回は、みずほ銀行が独自で提供している住宅ローンについてご紹介したいと思います。

 

みずほ銀行の住宅ローンの利用条件は、下記の通りです。

 

申し込み時の年齢が、満20歳以上満71歳未満で、完済時の年齢が満81歳未満の人
みずほ銀行が契約する生命保険会社の団体信用生命保険に加入が認められる人
安定した収入のある人
保証会社の保証を受けられる人
原則として、日本国籍の人、または永住許可等を受けている外国人

 

申し込み時の年齢は、65歳未満や70歳未満とする銀行が多い中、やや条件が緩和されています。完済時の年齢についても、80歳未満とする銀行に対して、1歳だけ条件が緩和されています。

 

借り入れ金額は1万円単位で、最高1億円となっています。借入期間は1年〜35年となっており、1年単位で設定することができます。

 

金利タイプとして、6ヵ月ごとに金利の見直しがある「変動金利方式」、一定期間金利が一定となっている「固定金利選択方式」、借入期間中にわたって金利が変化しない「全期間固定金利方式」の3通りから選ぶことができます。

 

固定金利選択方式では、2年、3年、5年、7年、10年、15年、20年の中から固定金利とする期間を選択できます。
金利の固定期間が終了した後は、変動金利方式に移行するか、再び固定金利選択方式を継続するかを選ぶことができます。

 

また、変動金利方式であっても、約定返済日に固定金利選択方式に移行することも可能です。

 

但し、固定金利選択方式や、全期間固定金利方式を選択する場合には、固定金利手数料として、1万500円を支払う必要があります。

 

固定金利手数料は、ローン開始時に選択する場合も、ローン途中で選択する場合にもそれぞれ支払う必要があります。

 

つまり、変動金利方式から固定金利選択方式に移行するときや、固定金利選択方式終了時に継続する場合にも固定金利手数料を支払います。

 

また、全期間固定金利方式は、11年以上の住宅ローンを組む場合に選択可能です。

 

一般的な返済方式として、元利均等方式と元金均等方式がありますが、みずほ銀行では、元利均等方式と元金均等方式どちらか選ぶことができます。

 

また、返済期間中に一定期間返済額を増額指定することができます。これは、繰り上げ返済を自動的に行なっていることと同じような効果があります。